会社設立を考えている人は、まず、信頼出来る税理士に相談することが大事です。なぜなら、節税対策なども行わなくてはいけなくなるからです。何よりも資金が必要になります。資金繰りの方法などをアドバイスしてもらうには、金銭に関するプロの力が必要です。また、書類関係の手続きも会社設立には必要になってきます。この点も税理士はプロ中のプロということで、何なりと相談に乗ってくれるはずです。場合によっては代行してくれることもあるため、とても楽に手続きを済ませることが出来ます。また、信頼出来る税理士が身近に居ないという場合などは、会社設立のための無料セミナーにまずは参加してみるというのもいいかもしれません。そのセミナーから人脈を見つけることが出来る場合があります。準備には何が必要なのか、漠然とでも知ることが出来るはずです。

会社設立にあたり税理士は必要でしょうか

会社設立といっても規模的には、まだ小さいので税理士とか頼んだ方のが良いのか迷っています。会社の登記簿等は、知り合いの社会保険労務士の方にお願いしました。社会保険、雇用保険、労災保険等の手続きも取って頂きました。残るのは税理士だけなのですが、先日法人会の入会の勧誘がきまして、決算の事とか税務に関します事をお伺いした所、毎年法人会の方で色々な講習会を税務署の方を交えてして下さるそうです。税務に関してわからない所がある場合は、そのような場所で質問出来るそうです。また、決算の時の法人会を通してやり方やわからない所の回答をして下さるそうです。会費は高くないので、加入致しましたが、その法人会で全て決算等出来るのであれば、大手り会社は税理士が必ず必要ですが、我々のような小規模の会社では必要なのかどうか迷っています。

会社設立における税理士の関与とは

株式会社や持分会社等の会社を設立する場合は、行政書士や司法書士に依頼するというのが一般的です。しかし、この会社設立に税理士が関与するというケースがあります。会社の設立過程においては、発起人等による株式の引き受けとそれに対する金銭や財産の出資行為が必要となります。この場合における金銭以外の財産による出資を現物出資と言います。現物出資を行う場合は、それについての定款への記載や検査役による検査が法律上求められます。ただ、例外的に、税理士等による財産の評価額に関する証明書がある場合は、検査役による検査を省略することが可能となります。したがって、税理士は、会社設立過程の現物出資において重要な約割を担っていると言えるでしょう。もっとも、この証明に関して、後々法的責任が発生する場合があることがありますので、この点は注意する必要があります。