法人成りを目指す個人事業主や、複数名で会社立ち上げを目指す方、このところでは「1円起業」と呼ばれるように資本金が1円からでも立ち上げられるようになったため、会社設立を目指す方も増えています。これらのケースでは、中々書類がそろわないというように、設立までの期間が長引いてしまう事が多いようです。税理士に依頼することで、登記に至るまでの会社法に基づいた書類をすべてそろえることが出来ます。ただし、税理士は会社登記を行う事はできませんので、司法書士などと提携している事務所を選ぶことをお勧めします。税理士に会社設立までのプロセスを依頼するメリットとしては、これから先の会計・経理に関するサポートを受けられる事が挙げられます。もちろん、会社運営のプロでもあるため、様々な相談が出来るのも魅力のとして挙げられます。

会社設立と税理士の関係

株式会社等の会社の設立をホームページ等に掲げている会計事務所も多々あります。この場合、注意しなければならない点があります。会社設立とは、文字通り会社を作ることであり、会社法によりその手続きが定められています。具体的には、定款の作成・設立登記等が必要となります。この点、税理士には法律上これらの権限は認められていません。したがって、定款作成のみであれば行政書士、定款作成と設立登記であれば司法書士が行うこととなります。もっとも、税理士は行政書士登録することが法律上可能なので、行政書士登録をしているのであれば定款の作成は行なえます。もっともこの場合においても、別途司法書士に設立登記の申請を依頼しなければなりません。税理士の中には、設立登記の指南を行っている者もいますが、これは司法書士法違反の犯罪行為です。したがって、会社を設立したいのであれば、はじめから司法書士に頼むのか簡潔であり、費用も安く済むというのが一般的でしょう。

税理士に会社設立の手続きを依頼する

現在会社で仕事をしている人のなかには、将来会社を設立して独立したいと思っている人も多いのではないでしょうか。独立するスタイルは人それぞれですが、最近は一人でも会社設立が可能になっていますので、会社を設立する人も増えています。株式会社の形態にすれば信頼度も増してきますので、他会社との取引の面でもメリットが多くなります。この会社を設立する場合、気になるのが設立手続きではないでしょうか。会社を興すときは、法務局に会社設立の申請をする必要があります。申請書類の数も多いので、自分一人での手続きはとても大変です。その為専門家に設立を依頼する人も増えています。会社設立を代行する専門家の種類も多くなっていますが、税理士も設立のスペシャリストとして活躍しています。また税理士であれば、税の手続きの相談も出来ますので依頼する人も多くなっています。